下田建築史研究室 Shimoda laboratory of Architectural History

歴史的な建築の評価-保存-活用

本研究室は歴史的な建築や都市を対象とし,それらの価値を解読し,保存・修復し,さらに発信し社会に還元するための理論や方法について探求することを目的としています。

建築遺産は,多様な歴史的背景や環境条件の下で,それぞれに特徴的な意匠や構造,そして空間を有しています。そうした特徴を,建築と対峙し,様々なアプローチで分析することで明らかにします。また,歴史的な建築は良好な状態を維持しているものばかりでなく,劣化や破損により保存処置や修復が必要なもの,また部分的もしくは全体的に構造体を失い,遺失部の復元が求められるもの,さらには堆積する土中に埋もれてしまったり,地中に基礎の痕跡だけを残しているものなど,多様な状況にあります。これらの建築を保存・修理・復元し,多くの人にその価値を伝えるために整備し,利用していく方法についても考えていきます。

対象となる建築や都市,そして建築に内包される様々な要素から,有意なものをできる限り多く抽出し,それを長期にわたり保存し,さらには分かりやすく伝えるために,対象物を入念に観察し,心を通わせ,新たなテクノロジーも駆使して取り組んでいくことを目標とします。

Evaluate-Conserve-Utilize of Architectural heritage

 

Aims of this laboratory is to decipher the essential values of the historical and traditional architecture and city, and consider the methods for preserving, reconstructing, rehabilitating, and utilizing these values.

Architectural heritage has distinctive designs, structures, and spaces under various historical backgrounds and settings. We try to analyze and clarify these features by various approaches including traditional manual way and/or advanced technologies. In addition, the condition of the historic buildings is various state of conservation; well preserved condition, state of the necessity under the urgent restoration works due to material deteriorations or structural damages, recommended state of reconstruction, state of buried structure or foundation in the accumulated soil, and so on. We will consider the adaptive and appropriate methods for preserve and transfer the significant values of these architectures to the present and future society. Our goal is to find the way and state of architectural heritage to impress people.

 


2013-2015年の下田建築史研究室のブログはこちら

下田建築史研究室:筑波大学 人間総合科学研究科 世界遺産専攻