科研 2021-2026年

本ページでは科研「クメール王朝の都市構造と社会基盤の解明-高精度地形情報を利用した実査より」にて2021年より取り組んでいる調査について紹介します。

科研の概要はこちらのページを参照してください。

 


2021年度

2021年度は新型コロナ感染拡大の影響にて現地調査を実施することはできませんでした。オンラインを利用した研究分担者や協力者による既往研究の共有や研究計画の検討を複数回実施し、カンボジアにおけるカウンターパートとなるサンボー・プレイ・クック国立機構の方々ともオンラインで現場確認や日本での調査手法の共有を図りました。

また、本研究に必要となる各種機材の購入等の準備を行いました。


2022年度

5月27日~6月6日

カンボジアを訪れ、サンボー・プレイ・クック国立機構の総裁や考古学研究担当者と科研の内容や計画について打ち合わせを行いました。また、ユネスコプノンペン事務所の専門家、カンボジアユネスコ国内委員会の専門家とも研究計画について共有をしました。

サンボー・プレイ・クック遺跡群には2日間の訪問に留まりましたが、現場の修復工事の進捗状況の確認と指導を行った他、遺跡群の中央を南流するオー・クル・ケー川上流のダム状遺構と煉瓦遺構、幾何学的な土手状痕跡について確認をしました。


7月21日~8月21日

プノンペン近郊のウドン地区の調査、サンボー・プレイ・クック遺跡群の調査と大学生研修プログラムの実施、バイヨン寺院南方での地下探査を実施しました。

 

大学生研修プログラムでは、都城内のM103サイトにて出土煉瓦遺構の実測調査と周壁の門の検出を目的とした発掘調査を行いました。

サイトには3基の煉瓦遺構があることが推測されていましたが、2基の煉瓦遺構は発掘調査で壁体下部までは良好な状況で保存されていることが確認されました。いずれもプレアンコール期の装飾様式と建築形式を良く示していることが確認されました。一基は八角形平面の祠堂で、都城内では他には認められない平面形式です。もう一基は長方形平面の祠堂であり、基壇のモールディング装飾からは寺院区の南寺院群の中央祠堂に特徴的な様式に一部類似していることが確認されました。

周壁の南北辺中央付近からはそれぞれ門の遺構の一部が確認されました。南北は対象的な位置にありますが、構造は大きく異なっていました。東辺からは周壁内外を出入りするための構造は検出されず、一般的な寺院が東を正面としてその中心軸線上に門を構えるのとは異なっていることが確認されました。

 

バイヨン寺院南方、アンコール・トム南門へと通じる道沿い西側に近接した小地区にて地下探査(GPR)を実施しました。バイヨンから四方に延びる道沿いには、過去の調査によってそれぞれに異なる形式の排水路が走っていることが推測されています。今回の地下探査は限定的な範囲で予察的なものですが、道路に平行した構造が部分的に検出されましたが、過去の調査から推測されている構造とは異なるようで、今後の追調査が必要です。


9月17日~10月2日

本村氏、佐藤女史とKoh Ker遺跡群の視察、Sambor Prei Kuk遺跡群周辺の水田痕跡の実地調査を調査期間前半に行いました。後半はカンボジアの大学生数名と横山女史と都城内M90サイトでの発掘調査、Robang Romeas寺院境内での地下探査を行いました。またサンボー・プレイ・クック国立機構が発掘調査と修復工事を進めているSrei Krup Leak寺院の祠堂の建築記録を行いました。

 

Koh Ker遺跡群の視察では、ここ数年の間にカンボジア政府が実施しているいくつかの寺院サイトでの発掘調査や構造補強の状況を確認しました。

 

Sambor Prei Kuk遺跡群での水田痕跡調査は、都城西方に広がる畦畔の痕跡の時代特定等を目的とした発掘調査の事前視察を目的としたもので、畦畔が明瞭に残る数地区にて現場確認をしました。雨季で冠水している地区が多く、確認できる範囲が限定的なものとなりましたが、航空写真や航空測量調査による地形データで認められる畦畔は極めて小さな起伏差となって残っていることが理解されました。

 

M90サイトでの発掘調査は2016年に実施した比較的大規模な調査以来です。今回は調査期間が1週間6であり、1×5mの小さなトレンチにとどめていますが、3.5mの深さまで掘り下げ、各層位での炭化物と土器の収集を目的としました。今後、炭化物の年代測定を行い、このサイトの築造年代と改変年代の特定を図る予定です。

 

Robang Romeas寺院の境内では5エリアで地下探査を行いました。祠堂を囲繞している構造物と伽藍中心軸上の構造物の存在が確認されました。伽藍全体を取り囲んでいることが予想される周壁の痕跡については地下探査では明瞭には認められませんでした。

 

Srei Krup Leak寺院のL4, L5, L6, L7に番付されている煉瓦遺構にて写真測量を行い、平面図と立面図を作成しました。L4とL5祠堂については最初期の建造年代がプレアンコール期に遡ることは明らかですが、その後の改変があった様子が確認覚ました。またL6とL7祠堂については後世の増築であることが確認されました。今後は過去に出土しているリンテル等の当初位置の推定などによって、より詳細な経緯を検証することが求められるところです。